子ども食堂とは?

ホーム > あさやけ子ども食堂 > 子ども食堂とは?

子ども食堂について

そのような子どもたちに、「育ち盛りの子どもには、栄養満点、安心安全で家庭的な味付けの心のこもった食事を食べて欲しい。ワイワイがやがや賑やかに食卓を囲んでもらいたい。」という思いから、2012年に初めて『子ども食堂』という活動が、東京都大田区で生まれました。

それから今に至るまで、思いに共感したたくさんの支援者の方々が日本全国で子ども食堂を展開し、今や2000, 3000という数にまでなりました。学習ボランティアも合わせて行っている食堂や、企業が社会貢献活動の一環で行う食堂など、様々な形態が生まれています。

 

   今、子ども食堂が必要な理由

豊かだと思われているこの日本で、統計的には子どもの7人に1人が「相対的貧困」の状態で暮らしているといわれています。特にひとり親家庭において、その確率は高まります。加えて地域においては、高齢者の孤立、共働き家庭の「小1/小4の壁」など、様々な事案が報道されるようになりました。

子ども食堂は、子供だけのための食堂ではありません。日頃忙しいお母さんが一食分だけでもゆっくりすごす場、一人暮らしのご老人が子どもの声を聴きながら一食のひとときを過ごす場、ボランティアさんや寄付者の方が生きがいを見つける場、企業が利益を顧みずに社会のための貢献を提供する場、様々な意味合いが生まれています。

地域の皆さんや支援者の方々と支えあい、ここで一緒にご飯を食べること、こども食堂という場を開き続けることで、様々な人どうしが繋がり、笑顔になることができます。
 

 

あなたの街の子ども食堂

こども食堂ネットワーク​

http://kodomoshokudou-network.com/

 

全国にある子ども食堂の情報が、こども食堂ネットワークのサイト(外部サイト)にまとめられています。あなたの地域のこども食堂を見つけてください。そしてぜひ実際に足を運んで、何かできることはないか考えて見ていただければ嬉しいです。

要町あさやけ子ども食堂

所在地:東京都豊島区要町1丁目39-4

 

TEL : 03-3957-4270 (山田)

 

Copyright (C) 2016 あさやけ子ども食堂 All Rights Reserved.